着圧はがきの開け口

圧着ハガキを利用して宣伝効果を上げよう

ポスティングをしてお店の宣伝をするのは、昔からある方法ですが、ただチラシを入れるだけではあまり効果は期待できません。

なぜなら、またチラシかと鬱陶しく感じてしまい、広告を見ずにチラシを処分されてしまう可能性があるからです。

そんな事を防ぐ為に効果的なのが圧着ハガキです。
圧着ハガキとは、紙を2つ折りにしてそれを貼り合わせたハガキのことです。

圧着ハガキのいい所は、広告量がチラシよりも増える上に、ペリペリと剥がすひと手間を加えることで、読んでみたいと思わせることができます。

広告郵便としては最強の宣伝方法で、何だろうと思わせることでチラシよりも高い確率で宣伝したいことを読んでくれます。

チラシや通常のハガキとは違い技術が必要なので、圧着ハガキの作成は業者に依頼しましょう。

業者ならば、読んで欲しいと思う情報をうまく入れてくれてくれますし、自分達で一から作るよりもコストも安く抑えることができるのでおすすめです。

圧着ハガキは、重要なお知らせをする場合にもよく利用されるので、これは重要なお知らせかもと心理的に思わせてくれます。
今までよりも高い宣伝を効果を得ることができるので、ポスティングでの集客率を上げようと考えているのであれば、圧着ハガキの利用をおすすめします。

圧着ハガキを利用して宣伝効果を上げよう

ポスティングをしてお店の宣伝をするのは、昔からある方法ですが、ただチラシを入れるだけではあまり効果は期待できません。なぜなら、またチラシかと鬱陶しく感じてしまい、広告を見ずにチラシを処分されてしまう可能性があるからです。そんな事を防ぐ為に効果的なのが圧着ハガキです。圧着ハガキとは、紙を2つ折りにしてそれを貼り合わせたハガキのことです。圧着ハガキのいい所は、広告量がチラシよりも増える上に、ペリペリと剥がすひと手間を加えることで、読んでみたいと思わせることができます。広告郵便としては最強の宣伝方法で、何だろうと思わせることでチラシよりも高い確率で宣伝したいことを読んでくれます。チラシや通常のハガキとは違…

広告に圧着ハガキを利用するメリットは

お得意様にセールやキャンペーンのお知らせを送付したい、そんな時に活用しておいて損がないのが、圧着ハガキです。圧着ハガキを利用するメリットは、二つ折りや三つ折りにすることでハガキと同じサイズでありながら倍以上の情報を掲載できること、そして封書に比べて開封率が高いことです。少しでも多くの情報を掲載したい場合は、大きなサイズのチラシや小冊子などを制作し、封書で送る方が良いと考える人もいるでしょう。しかし、封書の場合は送り主を確認した時に興味がなければ、そのまま封を切ることなく捨てられてしまうことも少なくありません。それに対し、ハサミなどの道具を必要とせず綺麗に開くことができるだけでなく、めくる楽しさもある圧着ハガキの場合は、送り主を見て興味を感じない場合でも、開封して貰える可…

メリットの多い圧着ハガキ作成は専門業者に依頼を

広告郵便を送付する時に、圧着ハガキを利用するメリットの一つに、費用を安く抑えられることがあります。通常のハガキサイズの圧着ハガキを利用する場合は、ハガキと同じ料金で送付が可能です。ただ、ハガキの場合は裏面のみにしか広告を印刷することができないのに対し、圧着ハガキは折り畳んだ部分にも印刷をすることができるため、通常のハガキと同じ料金でより多くの情報を届けることができます。さらに、同時に2,000通以上の送付を行う場合、広告郵便割引制度を使うことでより安く広告郵便の送付が可能です。ただ、広告郵便割引制度を利用するためには、配達に余裕を持っておくこと、受取人住所の郵便番号ごとに区別しておくことなどいくつかの条件をクリアする必要があります。圧着ハガキ作成の専門業者であれば、こう…

圧着ハガキはサイズも自由に選ぶことができる

広告郵便に圧着ハガキを使うメリットの一つに、サイズの豊富さがあります。安く広告郵便を送付したい場合は、通常のハガキサイズを選んでおくと良いでしょう。通常のハガキサイズであっても、2つ折りや3つ折りにすることができる圧着ハガキには、とても多くの情報を詰め込むことができます。さらに、広告郵便割引などを利用すれば、より安くセールやキャンペーンなどのお知らせの送付が可能です。圧着ハガキには、B5やA4などの大きなサイズも存在します。サイズが大きくなれば、その分掲載することができる情報量が増えることになります。選んだサイズによっては、封書でパンフレットなどを送る場合と変わらない程の情報量を掲載することも可能です。圧着ハガキは封書と比べると開封率が高いというメリット…